スポンサーリンク

水上恒司が高校野球で甲子園を目指していたってホント?野球の腕前がヤバい噂を調査!

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

水上恒司さんが高校野球で甲子園を目指していたと言われていますが、本当でしょうか。

野球の腕前がヤバすぎると言われています。

今回は水上恒司さんの野球の腕前について調べてみました。

スポンサーリンク

水上恒司が高校野球で甲子園を目指していたってホント?

水上恒司さんが高校野球で甲子園を目指していたというのは本当でしょうか。

水上恒司さん自身が「甲子園本気で目指した」と伝えていらっしゃいます。

水上恒司さんは、小学校2年生から野球を始められました。

お父様の影響のようですね。

甲子園で活躍する姿を見せることが必須だと思われた水上恒司さんは、地元の福岡を離れ、長崎の強豪校に進学することを決めました。

長崎の創成館を選ばれた理由についても話されていました。

進学先に創成館を選んだのは、中3の秋に長崎県営球場で見た、全校応援に心ひかれたからです。
野球部の生徒はもちろん、生徒みんなが一体になって、大声を出していました。「こんな応援をされながら野球をしてみたい!」と思ったのが一番の理由でした。

朝日新聞デジタル

実際に応援を見て、ここで野球をしてみたいと思えるのは素敵なことですよね。

地元の福岡から離れて、長崎で高校生活を送られたので、寮生活をされました。

水上恒司さんのポジションはキャッチャーで、その写真が格好良すぎると言われています。

このころからカッコいいですよね!

当時は、キャッチャーミットを外してプレーしてほしいと言われていたほどだったようです。

水上は高校当時キャッチャーだったが、藤ヶ谷が取材をした友人たちの話によれば、練習や試合のときに女の子が大勢見にきて「キャッチャーミットはずして」という声が飛んでいたという。

水上も「マスクをはずしてプレーしてほしいって言われた」と明かし、「死ぬって」と苦笑いしていた。

A-studio+

これだけイケメンであれば、外してプレーしていただき、しっかり顔を見たいですよね。

スポンサーリンク

 

水上恒司の野球の腕前は?

水上恒司さんの野球の腕前はどうなのでしょうか。

調べてみました。

水上恒司さんは小学2年生の8歳のころから野球をされていらっしゃいます。

当時の将来の夢はプロ野球選手になることが夢だったそうです。

小学校2年生で「ヤング福岡ライナーズ」に所属されていました。

福岡市立和白丘中学でもこちらのクラブで硬式野球をされていたようで、中学を卒業後は、長崎県の諫早にある創成館高校野球部に特待生で入部します。

創成館高校野球部時代は特待生では入ったモノの、周りのレベルが高くレギュラーにはなれませんでした。

小学校の時に思っていた「プロ野球選手になる」という夢も周りのすごさを痛感し、現実を見て諦めたそうです。

それでも高校1、2年生の時には学年のキャプテンを務め、高校3年生の時には部員120人をまとめる副キャプテンを務めるなど、監督や部員からの信頼が厚い選手でした。

高校3年生の夏の大会で3回戦でスタメン出場し、4打数2安打1打点の活躍し、小浜高校に8-2で勝ちます。

その後チームは準々決勝で敗退してしまい、水上恒司さんは甲子園出場の夢を果たせず野球部を引退することになりました。

スタメンで出場することができたもの、そこまで競合のチームの副キャプテンを務められたことも、水上恒司さんにとっては、とてもいい経験になられたでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は水上恒司さんが高校野球で甲子園を目指していたのかどうかについて調べてみました。

甲子園は目指しており、高校生時代は親元を離れて、寮生活をされるくらい野球にうちこんでいらっしゃっいました。

今は俳優をされていますが、きっと学生時代の経験はいつか活かすことができそうですね。

今後の活躍にも期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました