ヌートバーのペッパーミルパフォーマンスは何故流行った?由来について調べてみた!

スポンサーリンク
スポーツ

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスは何故流行ったのでしょうか?

由来について調べてみました。

【スポンサーリンク】

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスとは?

ヌートバー選手のペッパミルパフォーマンスとはなんでしょうか?

ペッパーミルパフォーマンスとは、ヌートバー選手が所属チーム『カージナルス』でやっているお馴染みのパフォーマンスなんです。

アメリカでは本物のペッパーミルを使っているそうですね。

ヌートバー選手がずっとペッパーミルパフォーマンスをされているので、チームメイトからヌートバー選手の25歳の誕生日に大きなペッパーミルをプレゼントされたそうです。

ヌートバー選手のペッパミルパフォーマンスはアメリカでは定番になっているようで、

ペッパーミルにサインを求める方もいらっしゃるようです。

ヌートバー選手らしくて、素敵すぎますよね。

【スポンサーリンク】

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスが流行ったのは何故?

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスが流行ったのは何故でしょうか。

最初は、やはりヌートバー選手って誰?って思っている方が多かったですよね。

しかし、ヌートバー選手の好プレーで注目を集め、その際のペッパミルパフォーマンスでより注目を集めることとなりました。

ニュースにもなるほどの注目のパフォーマンスでしたが、強化試合で2打席連続ホームランを放った大谷選手も塁を走りながら何度も、ペッパーミルパフォーマンスを行いました。

吉田正尚選手も、ペッパーミルパフォーマンスを行い、

村上宗隆選手も

岡本和真選手までペッパーミルパフォーマン行いました。

日本で人気な選手が、積極的に行ったため、身近となり、ここまで人気なパフォーマンスになったのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスの意味は由来は?

ヌートバー選手のペッパーミルパフォーマンスの意味は由来について調べてみました。

ペッパーミルはペッパーグラインダーとも呼ばれています。

グラインド(grind)という英単語は「粘り強く」や「身を粉にして」という意味があります。

つまり、チームに尽くしている姿を表現しているそうです。

このペッパーミルが生まれたのは、所属チームのカージナルスのキズナー捕手が敗戦が続くチームの士気を上げるために発した「We are grinding.(こつこつ粘り抜こう)」が由来でした。

このグラインド(grind)には先ほどの2つの意味と、他にも「コショウを挽く」という意味があり、あの両手をぐりぐりとする、今のペッパーミルパフォーマンスが始まったと言われています。

真面目な意味とコミカルな動きが合わさって、よりニュースになったぐらい人気になったのではないでしょうか。

元々可愛いなーと思い好きなパフォーマンスでしたが、意味を知りより好きになりました。

【スポンサーリンク】

まとめ

今回はヌートバー選手が行っているペッパーミルパフォーマンスについて調べてみました。

由来がかなり素敵すぎました!

もっともっと活躍していただき、このパフォーマンスを日本全体で行いたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました